月刊アンカー誌のインタビュー


11月21日に当社にて「月刊アンカー」誌さまのインタビューを受けました。インタビュアーは元WBAミドル級のチャンピオンの竹原慎二さんです。現役を引退後も俳優やバラエティ等でもご活躍されていらっしゃいます。内容は、私が起業に至った理由や背景、前職である銀行での業務、今後の展望、また、私の著作の「40歳から実践して1年でTOEIC 980点 海外で活躍できる英語勉強法」の内容にも触れさせていただきました。

2019年の2月号に載る予定ですのでご参照下さい。

Anchor 2月号 115ページに掲載されました。本文は以下の通りです。

「海外事業戦略、英語学習に関する事業を手掛ける「グローバルビジネス戦略」。小野沢社長は、都銀大手での勤務を経て、マニラの銀行で日系企業と現地企業のマッチングや日本企業の現地進出をサポートし、副頭取も務めた経歴を持つ。17年に及ぶ海外生活を通して、優秀なビジネスマンが英語力が不十分なために活躍できず、また現地の企業文化への理解が浅いまま駐在するケースが多いと感じていた社長。そこで同社を起業し、企業幹部や海外駐在員向けの英語研修などを手掛ける他、「40歳から実践して1年でTOEIC 980点 海外で活躍できる英語勉強法」を出版した。「ASEAN 各国が伸びる今、日本企業が現地で活躍できるように事前準備をサポートし、送り出したい」と社長。グローバル化が進む現代、同社の存在意義は益々高まるだろう。」                                                                                                           (2019年2月20日 追記)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。